ミラプリを自慢したいのは誰だって同じ。
特に新しいミラプリにした時は尚更。

でもこのミラプリは
エレゼン♂からアウラ♀に幻想した時から使っています。
なぜ今になってこんな記事を?というお話は後ほど。




肝心のミラプリ。
いい角度でいいモーションで撮影し
フォトショップとかで綺麗に加工してあげたいところですが
今回はゲーム内でどう映るのかが大事だったので割愛。



ffxiv_20170505_011442



白と藤色を基調にしたデザイン。
これにするためにキャラも白髪に藤色のメッシュを掛けています。
瞳はウーツロングボウの抜刀時(以下画像)に似た水色。


ffxiv_20170505_011536


ffxiv_20170505_020216



このミラプリでFF14はずっとやっていけそうな気がしたんですが
今回何気なく入手したある武器によって
その幻想は打ち砕かれます。


ffxiv_20170505_011612


イディル・ロングボウRE。
性能のために取り、すぐにウーツロングボウにミラプリする予定でした。

しかしふと装備した時、激しく訴えかけてくるのです。
この武器は魅力的だ、と。
良くも悪くも無難なデザインのこの弓は
恐らくタイタンに次ぐゲーム中屈指の巨大さを持っていました。

大きい弓はそれだけでカッコいいです。
しかし詩人AFには合いませんし、キャラにも合いません。
幻想薬は高いのでメッシュの色だけ変えるとして
近々この武器に似合うミラプリを探そうと思います。


それでもしこの記事に上がっている
白と半色の詩人AFを超えられないなら
その時は黙って戻ってきます。